2012年4月 のアーカイブ

#98 渡邉拓也

こんばんは.長らく止めていました.申し訳ありません.
東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻の渡邉拓也と申します.
私もいよいよM2になりました.最後の一年ですね.今年で駒場の桜を見たのも6年目だと思うと感慨深いです.

昨年のこの時期以来,1年ぶりの投稿になります.というわけで,昨年度の実績と今年度の目標でも書いておきます.
<<昨年度実績>>
400m:51″43(理工系) 800m:1’54″97(関東学生) 1500m: 4’02″62(日体大) 5000m:15’42″75(平国大)
関東学生 3部 800m優勝/栃木県選手権800m優勝/関東理工系800m優勝/関東選手権800m8位入賞
<<今年度の目標>>
日本インカレに出る

先日は4/15の東京六大学で学部生の対校枠を奪っていることに負い目を感じつつも,対校選手として800mを走ってまいりました.流石に着外になるわけにはいかないと様子を見つつの走りになってしまい,下手なレースを展開してしまいました.順位やタイムこそ,うまくまとめましたが,非常に悔やまれるレースになってしまいました.今後は気をつけたいです.

また4/22には東京選手権に出場してまいりました.昨年の関東インカレで出した1’54″97が,ぎりぎり他都道府県陸協登録者の標準(1’55″00)をギリギリきっており,5/5の日体長のための練習の一環として出場しました.レース前々日から喉をいためてしまい,当日は微熱がありながらのレースになってしまいましたが,なぜか1’54″54のベストを出すことができました.意外といけるもんです.定金のおやじさんの記録を抜くことができました.(早大同のHP参照)

今シーズンはなかなかの滑り出しです.一発はまれば,日本インカレの標準(1’52″50)を切れると信じています.そのチャンスをもぎ取れるように練習するのみです.暇だったので,参考に自分の800mの自己10傑を置いておきます.
800m(5傑平均:1分55秒10  10傑平均:1分55秒56)
1  1分54秒54  院2  第75回東京陸上競技選手権  味の素  2012.04.22
2  1分54秒97  院1  第90回関東学生陸上競技対校選手権  国立  2011.05.21
3  1分55秒03  院1  第82回栃木県選手権・決勝  宇都宮  2011.05.29
4  1分55秒26  院1  第10回かわさき陸上競技フェスティバル  等々力  2011.10.29
5  1分55秒70  大3  第201回日体大長距離競技会  健志台  2009.09.26
5  1分55秒70  院2  第45回東京六大学対校  国立  2012.04.15
7  1分55秒98  大4  第81回栃木県選手権・決勝  宇都宮  2010.05.30
8  1分56秒01  大2  第41回東京六大学対校  国立  2008.04.05
9  1分56秒10  院1  第218回日体大長距離競技会  健志台  2011.09.24
0  1分56秒33  大4  第207回日体大長距離競技会  健志台  2010.05.01
こうしてみると,大学院生になってからも着実に記録水準が上昇していることがわかります.研究をまともにやっていないせいです.すみません.

来年度からの進路も無事に決まり,来年度から嫌というほど研究しなくてはいけない日々になると思うので,とにかく今年は陸上に専念します.研究は修士号をとれる最低ラインでやることに決めました.僕は,今しかできない競技生活に,自分の全てを懸けています.あとになって後悔するようなことだけはしたくないので.だから,もっともっと真摯に陸上に取り組みましょうよ.僕は皆さんと記録を伸ばすために陸上やりたいです.

次は赤木.

広告

1件のコメント

#97 専門 金尾太郎

博士課程2年の金尾です。昨日論文が論文誌にacceptされ、ほっとしているところです。

これまでブログで専門について触れていなかったので、ここで少し。物性理論という分野の研究室に所属しています。物質の示す性質をミクロな理論から理解することが目的です。

現在グラフェンという物質をテーマに研究しています。グラフェンは炭素が2次元平面内で蜂の巣格子を組んだ物質です。シンプルな構成ですが、意外に奥が深く、2005年頃に発見されて以来活発に研究されています。今回の論文はグラフェンにおける一種の磁気的現象を扱ったものです。内容は細かくなりますのでまたの機会に。

陸上についてですが、昨冬シーズンもコンスタントに試合に出場しています。数えてみると、11月から3月にかけてトラック5000m 2、ハーフマラソン1、駅伝4に出ていました。

今は現状維持目的で定期的にジョグしています。先日六大戦を見に行き、トラックシーズン到来を実感しました。また夏秋に向けて状態を上げていきたいと思います。

次は院生主将の持永さんにお願いしたいと思います。

1件のコメント

#96 リハビリ開始  日下桃子

高田君から回してもらいました。このたびM1として院生になりました日下桃子です。

所属は医学系研究科健康科学・看護学専攻母性看護学・助産学教室です。

院生になった経緯はやや複雑で、2010年度に入学し、休学の形を取りながら病院で2年間助産師として臨床経験を積んでいました。そして、今年度からはその経験を活かして研究の道へ行く感じです。研究テーマは妊婦の活動量の実態調査や安全で効果的なマタニティスポーツの実践に関する研究ができたらなーと思っていますが、まだぼんやりです。

ちなみに「助産師」について一応解説しますと、妊娠、出産、育児におけるサポートを主な業務とした専門職で国家資格です。昔でいう産婆、とりあげ婆さんのことです。

助産師の仕事について語りだすときりがないので、今回は競技のことについて少し。。

4年生で引退してからは実習、国試、就職、慣れない仕事で1年くらい走れていませんでしたが、社会人1年目の冬から徐々に市民ランナーレベルでは走れるようになっていました。OGとして2度奥多摩駅伝に出していただいたり、昨年度はOB戦、上尾ハーフ、青梅マラソン(30㎞)に出ることができました。ハーフ、30kmは人生初でしたが、楽しく走れて、長い距離もおもしろいなと思いました。

しかしながら、記録としては上尾が1時間40分54秒、青梅マラソンは2時間43分16秒で、痛々しい感じです(ノД`)

というわけで、今年の目標は、

①トラックレースに出る

②上尾で90~95分では走る

③フルマラソンに出る

④OB戦でかつての名ランナーの先輩に勝つ

これくらいを目標に無理せずリハビリしてがんばります。

次は、六大戦で力走を見せてくれたわたたくに頼もうと思います!

コメントする

#95 ふりだしに戻る 西川鋭

D1になってしまいました西川です。

さて、今日は六大戦で800mOPを走ってきたのですが、2’11″67というひどいタイムでした。
昨年の秋には2’05″台の記録を連発し、ベストの2’04″69が更新できそうな感じだったのですが、修士論文のスケジューリングを完璧にミスって冬に全然練習できず、ゼロからのスタートになってしまいました。

こんなひどい形からのスタートですが、ベストを出したB4では初戦が四大戦で2’09″49、昨年の初戦は国公立戦で2’11″32で、どちらの時もこの時期はジョグすら怪しい状態だったことを考えると、まだましで全然今からでも挽回可能、とプラス思考することにします。逆に言えば今年中に最低でもベストは更新できなければ、サボっただけということと思い、必死で頑張ります。目標としては、少々無茶な気はしますが、夏までに2’05″、今年中に2’00″とします。

皆さんが練習できていない、という場合多分ジョグぐらいはしているんだと思いますが、僕の場合本当に何も運動してない場合がほとんどです。ただの引きこもりです。こういう感じだと少し忙しくなったりした場合に一気に練習量が落ちてたて直しが難しくなるので、生活の中にうまく最低限の運動を組み入れて最低ラインは保つようにしていきたいと思います。

次は金尾さんお願いします。

コメントする

#94 祈られるのは嫌だけど神には祈りたい 近藤尭之

絶賛就活中です、近藤です。
しかし内定が出ないまま終焉を迎えた感が漂っていたりもします。
神の力で何とかなったりしないものですかね、ふくがみさま?
まあまだ望みが完全に断たれたわけではないので、引き続き就活も頑張っていこうと思います。

さて、練習状況について。
2月末にケガをして、それはすぐに治ったものの、そこから学会に向けての実験と就活に追われさすがに練習量は落ちてしまいました。
しかし、以降は継続して練習できていますし、ケガするまでの1~2月の量重視の練習のタメもあるおかげでそれなりに早く戻してこれてるかなという感じです。
とはいえさすがにまだ800仕様の体に仕上がってないですね。
スピードレベルを上げていこうと思っていた3月が下旬までまともな練習をできなかったので、耐乳酸系の力の低下が著しいです。
六大戦では800mOPに出場予定ですが、シーズン初戦ということもあるのでそこまで狙っていくつもりはありません。
次の試合(4月末の記録会)につながるような走りができればいいかなと思います。

それでは次は西川先輩、お願いします。

コメントする

#93 また春です。 高田裕之

皆さま、ド~Mo 高田裕之です。

積極的な在学期間延長により、学生を続けております。

オレンジデイズは、ロケ地が地元の大学(織田フィールドもそう)で、非常に想いいれのあるドラマでした。一昨年院生妙高合宿で、●都大卒のMさんにSignを流されて苦しんだ思い出がふと蘇りました(笑)なつかしい。

陸上に関しては、12月非常にいい練習を積めましたが、修士論文地獄で1月を棒に振り、筋力の落ちた状態で走って2月中旬に軽い肉離れ、からの3月立川で肉離れにより戦線離脱状態でした。立川は、ラスト9km弱が公園内ということで、棄権せず寒空の下、歩きました。全ては、秋のための下見です。底冷え…

最近暖かくなり、ようやく走れるようになってきましたが、ここ5年間では最遅のスタートとなり序盤のシーズンは苦しい展開になりそうです。ただ、早く戻してプラスにもっていきます。

修士論文も無事(ではなかった、提出後に画期的に進化…)終わりました。内容は、居住者一人ひとりの年齢性別を推定する研究です。住宅地図;イメージではカーナビのようなデジタル図に国勢調査のデータをひも付けし、重ね合わせることで、どんな家族が住んでいるのかを割り出します。面という制約があった既存統計を任意に集計単位を変えられるよう改善し、人口分布状況が把握できるようなデータを開発しました。今後は、膨大な情報量が研究室にあるので、全国規模で展開するつもりです。継続。

最後においしいさぬきうどん店を紹介してます(いきなり)。今回紹介するのは、殿堂の3店。全部、本場香川県です。

【日の出製麺所】

開店時間がたった1時間のお店で、幻のうどんと言われています。めっちゃ混むので、30分以上前にならばないとハシゴ2軒分の時間つぶれます。香る麺は、非常に上品に皿に乗せられてきます、美味。ネギをハサミで切ったり、何気なくトッピングが机に置かれていて、独特の雰囲気です。お土産用もおいしいです。

【谷川製麺所】

ロケーションは、香川南西部の山間にあり最高。ただ、車なくしていけません。駐車場は狭い。一度食べたらやめられず、おかわりなしにお店を出られなくなります。薬味も特徴的。お酢をかけマイルドに味わう独特のスタイルに脱帽。

【山越うどん】

元祖かまたま。かまたまうどんを求めて全国から観光客が訪れます。駐車場の広さは、うどん店No1だと思われます。GWははんぱない混みっぷり。うどんにからみつく卵と特性のダシの相性は抜群。個人的には、道中の線路をまたぐ道路の景色が好き。

と徐々に紹介できたらなぁと思っています。とりあえず、今日はこのへんで。

次どなたにしようか、決まり次第追記します。

追記:次は、帰ってきた日下さんにお願いします。

コメントする

#92 シューカツ? フクジン

増田さんに代わって書きます。
駒場6年目のフクジンです。
 
 
周りはみな就職活動そわそわ始めてもう内定をもらったなんて人もちらほらいるなか、
僕は未だに家庭教師のアルバイトを続けている身分でありまして、
年も年だしこれからの人生どうしようーとかさすがに考えるようになりました。
 
実のところモチベーションが上がらず、この一年間は割とグダグダしてたんですが、
いろいろ考えた結果、博士まではがんばってみることにしました。それから先はまだわかりません。
 
誰に向けてというわけではありませんが、なんとなくご報告までに。
 
 
そんなことより、今日(日付的には昨日)練習で数ヶ月振りにSDをやったらもう遅すぎてショックでした。
今まで流しに毛が生えたくらいの練習しかしてなかったので、そろそろ加速を意識した練習もしていこうと思います。
 
あと、大人数で走るのは一人で走るより数倍楽しかったです。
 
とりあえず、国公立を目標にやっていく予定です。またいつか学部の練習に顔を出すかもしれないし、出さないかもしれません。
 
 
更新が遅れてしまい申し訳ありません。
その謝罪の気持ちを込めて、次は、一旦こんどぅーさんにお返ししたいと思います。
こんどぅーさん、就活ちゃんとしてますか?

コメントする

#91 砂漠を抜けるとオレンジデイズ…という夢

皆さんこんばんは。東京大学法科大学院2年(既習1年目)の東です。現在2年生ですが、部活ではM1ということにします。

大学では、基本的には競技は続けず、趣味程度に走ることにしました。今までと同じ水準で競技を続けるほどの情熱がもはやないことと、法科大学院は学費が高いので、アルバイトをする時間を確保したいことが主な理由です。ただ、大学院チームの出場人数が足りなければ、予選会には出場します。なので、予選会で死なない程度には走りたいと思います。土曜日に駒場でお会いしたときは、よろしくお願いします。

先日、3000-2000-1000のレペに参加しました。2~3ヶ月のブランクがあったので、全盛期のようには走れませんでしたが、思ったよりも快調に走れて気持ちよかったです。その日の夜のうちに、猛烈な筋肉痛に襲われましたが、早く筋肉痛が来るということは、まだまだ若いということでしょうか。

さて、学部時代は、ロクに学校に行かず、部活以外のコミュニティを疎かにしていました。法学部にはほとんど友達がいませんでした(いわゆる法学部砂漠というやつです)。なので、法科大学院では明るいキャンパスライフを送りたいと思います。オレンジデイズやハチクロのようなキャンパスライフを送るのが夢です。笑 幸いにも、僕のクラスは女子率が高いです。お花見やクラスコンパなどのイベントを通じて、リア充に一歩近づきたいと思います。

次にあてる人を決めかねているのですが、もう夜遅くなってしまったので、とりあえず投稿します。次にあてる人が決まったら追記します。

追記:次はドMな方の(笑)高田さんにお願いします。

1件のコメント

#90 新年度!

井上です。新入生が多く書いてくれている中、書かせていただきます。
もう4月に突入しましたね。一年というのは本当に早いものだなぁとしみじみ感じます。毎年この時期は新生活のスタートということで、少し気が引き締まるというか、ソワソワする感じがしますね。

近況ですが、1月の終わりにケガをして以降、研究室のほうのタスクが積んでいたというのもあり2月中はほとんど走れず、3月になって練習を再開し、最近ようやく体力や体のキレが少し戻ってきたかなというところです。といっても去年の10~12月に比べるとまだまだ劣っているので、もっと頑張ろうと思います。

続いてチームについてです。この間の土曜日の練習では新M1をはじめとして院生長距離チームのメンバーが多く集まり、チームの発足を感じることができました!僕自身も大きな刺激を受けて、モチベーションが上がってきました。
現時点での箱根予選会の標準切りメンバーは丁度10人となっていますので、何事も起こらなければ出場は可能です。ただ、一人でも欠けると出られなくなるというギリギリの状態でもあるので、一人でも多く標準切りのメンバーを増やすことが課題だと思います。今年から東大院に入学する人で陸上をやりたいという人がいると嬉しいですね!ということでメンバー募集をしていますので、やる気のある方はぜひご連絡を、と思います!

では今日はこの辺で。

次は東にお願いしようと思います。

コメントする