2012年10月 のアーカイブ

#124 そして引退へ 近藤尭之

どうもこんにちは、中距離M2近藤です。
先週予選会に出場された皆様はお疲れ様でした。
自分もサポートでスタート地点まで行かせてもらいましたが、報道の人も非常に多くいて、”予選”会とはいえ改めて注目度の高い大会なのだなと感じました。
この大会に出場するための人数をそろえるのも一苦労である院生チームにとって本選出場は夢のまた夢と言わざるを得ないのでしょうが、それでもこれだけの注目度がある大会に院生がチームとして出場することは、それだけで院生チームの活動を知ってもらえる機会が増えるということなので意義のあることだと思います。
参加標準記録を切れなかった自分がこんなことをいうのも何ですが、これからも出場を続けていけるように、これからも残る方々には頑張っていってもらいたいと思います。

ここからはつらつらと最近の陸上競技のトピックスに関する雑感を書き連ねていきます。
さて、予選会が終わったということはもうロードのシーズンになってきたというわけですね。
種々の駅伝大会が始まっているわけですが、その中でも一番のトピックスとしてはやはり出雲での青学大の三大駅伝初優勝でしょうか?
トラックの記録では青学大を上回るチームは複数あったわけですが、ふたを開けてみれば青学大の完勝。
青学大の選手には強さを感じましたね。
全日本は出場権を持ってないものの、選手層的にも箱根での優勝も狙える位置にいると思っています。
数少ないチャンスをものにできるか、個人的には注目の大学です。

ロードの大会が始まってトラック&フィールドのシーズンは終わりが近づいてきているわけですが、まだ終わったわけではありません。
この三日間で日本選手権リレーやジュニアオリンピックが行われているわけですが、今日の日本選手権リレーの男子4×100mリレーで滝川二高が高校単独チーム初の39秒台となる39″99の高校新記録をマークしています。
今年は大瀬戸の100m高校新記録に始まり、国体での桐生のユース世界最高、そして今日の滝二のリレーでの39秒台などなど、高校のショートスプリントでは特筆すべきパフォーマンスが非常に多くみられました。
パフォーマンスの質、選手層の厚さ、どちらをとっても今年は歴史に残る一年だったのではないかと思います。
願わくば彼らがみな順調に成長して、数年後に世界と伍することができる力をつけて、日本での陸上競技がより一層盛り上がってくれればいいなと思っています。

ここで自分の話に変わりますが、僕のトラックシーズンもまだ終わってはいません。
明日、等々力陸上競技場で行われるかわさき陸上競技フェスティバルで800mに出場してきます。
思えば院生になってからの2年間、800mで自己ベストを更新できていません。
最初に院生ブログを書かせていただいた時には『競技を続けると決めたからには全力で競技に取り組みます。自己ベストの更新はもちろん、もっと上のレベルの記録を出して、もっと上のレベルの試合に出られるように。』とか書いていたくせに自己ベストすら更新できていない体たらくぶりです。

このままじゃ終われない。このまま終わるわけにはいかない。

明日は必ず、自己ベストを更新します。

次はこの一年間院生長距離チーフの任を担ってくれたいのっちにお願いします。
チーフとして一年間お疲れ様でした!

広告

コメントする

#123 You can do it now フクジン

FUKUGAMIこと、M2の福神史仁です。
 
周りのみなさんが何年も努力し続けて成果を出していってて、それを見て、何事も努力なくして達成し得ない、ということを再認識しています。
自分も何かを成し遂げてやりたい、という気持ちはあります。
あと3年はおそらく駒場に生息する予定です。
これからはちらほらグラウンドに顔を出すはずです。
 
今はこれくらいしか書くことはないので、早々に近藤さんにバトンタッチします。

コメントする

第89回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会

出場された方は結果報告をお願いします。

総合結果: 35位 11:34:08 (インカレポイント減算後11:33:58)

順位 氏名 学年 記録 5km 10km 15km
227 増田 紘之 D3 1時間04分10秒 15:25 31:34 47:51
259 高田 裕之 M2 1時間04分54秒 15:38 31:41 48:05
378 東 大貴 M1 1時間08分57秒 16:50 33:46 50:58
381 井上 雄介 M2 1時間09分04秒 16:47 33:51 51:18
408 早川 晃司 M2 1時間09分46秒 17:26 34:49 51:51
436 金尾 太郎 D2 1時間10分42秒 17:47 35:41 53:13
444 嶌田 洸一 M2 1時間10分59秒 17:19 34:45 52:36
455 渡邉 拓也 M2 1時間11分19秒 17:00 34:57 53:12
467 山田 竜也 M1 1時間12分03秒 16:48 34:32 53:03
472 月崎 竜童 D3 1時間12分14秒 17:15 34:46 53:20
475 石丸 翔也 M1 1時間12分25秒 17:28 35:14 53:39

4件のコメント

#122 なかなかキリ番は取れないもんですねー 赤木裕

更新が遅くなり、申し訳ありません。
#100も#123もその一つ前に順番が回ってくる、M2の(そして来年もM2の!)赤木です。

明日はいよいよ箱根駅伝予選会ですね。
昨年は院チームの出場は叶いませんでしたが、今年はきっちり参加できるようでなりよりです。
今年の大会に大学院で出場しているのは東大院だけになってしまいましたが、これからも継続的に出場していけることを願っています。

今年の大会には僕の同期から4人エントリーされています。

今年の駅伝主将で(おそらく)今年ベストを更新した選手
去年の予選会以来(おそらく)1年ぶりに会う選手
出場選手のなかで(おそらく)歩くのが一番速い選手
出場選手のなかで(おそらく)800mが一番速い選手

という、個性派揃いですので、明日が楽しみですね。

出場選手の中には今年の予選会がラストになる選手もおりますので、明日はぜひ昭和記念公園に足を運んで頂き、選手に声援を送っていただければ幸いです。
20kmという長丁場では沿道からの応援が選手の背中を押してくれます。
お忙しいとは思いますが、ここをご覧になっている方の一人でも多くにお越しいただければと思います。

東京大学大学院のユニフォームは水色で、胸に「東京大学大学院」と漢字でプリントされています。
遠目で見ると、東海大学などのユニフォームと似ていますので、ご注意ください。

出場される方の好走を願っています!
明日は一眼レフ片手に応援に行きます!

次は同期の福神くんにお願いしました。
ふくじん、よろしく〜

2件のコメント

# 121 嶌田洸一

こんにちは.修士2年の嶌田です.

わたたくさんの言うことは全くの正論であって,その理屈でいくと私のやっていることは害悪そのものだと思います.

たしかに,私にとって研究はとても大事で,練習より優先するのはしょうがないことだと思っています.しかし実際には研究も練習もしていない時間が結構あるので,そこを活用しようとしないところは反省するべきところだと思います.

それでも,夏合宿以後はある程度の頻度でjogをしていて,ポイ練もある程度参加しています.結構走るのが楽しいと思ってきているところです.もうすぐ予選会ですが,今年はとても幸運なことに院生チームで出場できるので,しっかり走りたいものです.私個人の目標は71分00秒です.

次は,まだ連絡を取っていないですが,アカギさんに頼もうと思います(ざわっ).無理な様だったらまたその時に別の人にお願いします.

コメントする

第85回東京大学・京都大学対校陸上競技大会 兼 第11回東京大学・京都大学対校女子陸上競技大会

出場された方は結果報告をお願いします。

4件のコメント