2013年3月 のアーカイブ

第17回東京大学競技会

2013年3月16日(土)、3月17日(日) 
東京大学教養学部第一グラウンド

出場された方は報告をよろしくお願いします。

広告

2件のコメント

#129 誠に申し訳ないことでございます 武安

まもなくD3の跳躍の武安です。

4ヶ月も穴を空けてしまい、当ててくれた小松氏、前管理者の近藤氏、新管理者の石丸氏を中心に迷惑をかけてすみませんでした。3人並びに院生の皆様に対しては、駒場リサーチキャンパスに寄った際に声をかけてもらえれば、いつでもマッサージフルコースをさせていただければと思いますorz

・・・

・・・

僕は高校時代からは走り幅跳びと三段跳びを両方やってきました。ほとんどの大会でダブルエントリーしてきたと思います。高校時代、学部時代の前半は走り幅跳びのほうが若干成績がよかったこともあり、日々の練習でも、まず走り幅跳びを跳んでから三段の練習をする、ということを行ってきました。2012年度になって、これから自分が本当に記録を伸ばしたいのはどちらか、と考えた結果、伸びしろを考えてもやはり三段跳びではないかという気がしてきたので、大会等でも幅跳びにエントリーするのは完全に止め、三段跳びのみに取り組んできました。練習でもまずは三段の練習をするように心がけてきたのですが、すると不思議なことに(必然的に?)三段の跳躍技術が格段に上がってきたような気がしてきました。足の速さ自体は学部時代よりも落ちているものの、ベストにかなり近い記録も出すことができました。

今までは研究や私生活に関しても、色々やりたいことがあって、わりとそれを全部やってきたのですが、これをきっかけに一応自分が一番やりたいことは何なのかということをいつも明確にしておこうと思うようになりました。常にそれが良いことだとは限らないと思いますが、軸を決めることで多少の強さを発揮することができるということを、27歳の今更になって陸上に教えられたのでした。

もしかすると、2014年度からはドイツに陸上でかちこみに行くことになるかもしれないので、日本の大会を後一年間楽しみたいです。

もはや絶滅危惧種である上級生の持永氏に回したいと思います。

コメントする