2014年9月 のアーカイブ

第239回日本体育大学長距離競技会

【期日】平成 26年 9月 27日(土)、 9月 28日(日)
【会場】日本体育大学健志台陸上競技場
【結果】

種目 氏名 学年 記録 備考
男子1500m 原 慎一郎 M1 4分11秒37
吉岡 基 M1 4分26秒66
男子5000m 吉原 圭亮 M2 16分47秒37
男子10000m 井上 雄介 D2 33分10秒80  自己新
瀧川 朗 M2 36分31秒21
大内田 弘太郎 M2 34分08秒54  自己新
高宮 大策 M2 34分42秒73 初レース
張 仕穎 D2 31分53秒67
岩川 純也 M2 32分16秒70 2ndBest
秋山 太陽 M2 30分37秒22  自己新

出場された方はご報告をお願いします。

広告

9件のコメント

#148 自己紹介 M1梁瀬将史

更新が遅くなり申し訳ありません。指名に気付くのが遅くなりました。

【氏名】梁瀬将史
【出身地】山形県最上郡真室川町
【経歴】
山形県立山形東高等学校
→東京大学教養学部前期課程理科一類
→東京大学工学部化学生命工学科
→東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻 岡本研究室
【専門】ケミカルバイオロジー、分子生物学(エピジェネティクス)
【自己ベスト】
1500m 4’04″25(2013年11月)
5000m 15’15″14(2013年11月)
10000m 32’02″11(2013年9月)
20km 64’26(2013年10月)
ハーフマラソン 70’10″(2012年2月)
【当面の目標】骨折を完治させ5000mで15分台を出すこと

【好きな女性のタイプ】裏のない人、話の合う人

【趣味】スポーツ観戦

【業績】…そろそろ出さないとマズいですね。

昨年引退間近に走るたびに自己記録を更新することができ、箱根駅伝予選会20kmでも悔いのないレースができたので、その後走りたい気力がなかなか出てきませんでした。
それでも、過去4年間は予選会だけはしっかり走れていて、予選会のない大学生活は考えられないという自分に気が付き、徐々に練習を再開しておりました。
今年の院長距離チームはレベルの高い選手が揃っており、予選会で院記録の更新という目標に私も貢献しようと意気込んでおりました。

しかしながら、昨日合宿でのランニング中に左足首を捻り、立ち上がれなくなり、病院で左くるぶしの外側が骨折しているということが判明しました。
残念ながら今年は走ることができませんが、チームの皆さんの健闘を応援しております。

来年は標準記録の突破からの挑戦になりますが、人数不足に陥らないよう自分も力になりたいと思います。

研究については、バイオに対してケミカルな視点で切り込もうという研究をしています。
吉田くんのやりたいという研究に非常に近いです。

私たちの体は36兆個の細胞でできていると今年発表されました。
その細胞は(一部の免疫細胞などを除き、)すべて同じDNAを持っていますが、それぞれの細胞で生成されるタンパク質は異なり、筋肉や内臓、脳など全く機能の異なる器官が生まれています。
この仕組みが非常に精巧にできていますが、まだまだ分からないことばかりです。
このような生物の神秘に引き込まれ、自分も少しでも解明することができればいいな、と考えております。

具体的には、特徴的な形(翻訳後修飾)を持つタンパク質の解析方法を開発したり、標的の核酸(DNA、RNA)があると細胞内で光るようなプローブを開発しています。
その他にも、タンパク質や核酸(DNA、RNA)を有機化学的に一から作り上げ、新たな機能を付与することで、生命現象の解明につなげるということを目指しています。

このような研究は、化学と生物の両方の知識が必要となり、大変ですが非常にやりがいのある分野です。
実験系なので、ラボでの時間が非常にかかってしまい、なかなか走る時間を取ることができません。

研究には真剣に取り組みつつも、陸上にも時間をかけられるように工夫していきたいと思います。

このような私ですが、研究室は駒場Ⅱキャンパスにあり、グラウンドも近いので、ひょっこりグラウンドに現れることもありますので、見かけたらよろしくお願いします。

次は増田さんにお願いしたいです。最近痩せすぎじゃないか心配する声を聞きますが、大丈夫でしょうか。

コメントする