2015年4月 のアーカイブ

159. 当てられたものの M1山田

【氏名】山田 銀河

【出身高校】札幌北高校

【所属】教育学研究科 学校高度化専攻 学校開発政策コース

【種目】200m、400m、400mHなど

【目標】(後述)

 

みなさんこんにちは、数少ない文系院生M1の山田銀河です。昨年度は学部チームの副将や主務補代理をしていました。

院生生活は今のところ順調で毎日楽しいです。教育学部棟は赤門を入って左手にある地味な建物で、一部では「ボイラー室」と揶揄されたりもしていますが、まさにそんな感じです。今はその3階で日の光を浴びてすくすくと勉強をしていますが、冬頃には改修工事の影響で医学部1号館の地下に引っ越さなければなりません。専門を一言ではうまく言えませんが、公教育の前提が崩れている中で今後どのように教育制度を再編すべきかということを、公共性の観点から考えようとしているんだと思います。よくわかんないです。

早川に当てられて書いておりますが、実はまだ学連登録はおろか入部すらしていません。なのでそもそも書いていいのかわからないのですけれど、とりあえず状況を説明いたします。

大学院では部活をするつもりはなく、健康のためにたまに駒場に行ってジョグでもしようかなくらいにしか考えていませんでした。実際はそれすらするかどうか怪しかったのですが、引退してから半年がたって、さすがに身体がなまったり体形が崩れてきたりしだしたので、2週間前くらいから駒場に通い始めました。で、当初は本当に健康目的でジョグとストレッチぐらいしかしてなかったのですが、先日ふいにメニューに混じって200+200を一本走ってみたところ、あまりの走れなさに愕然としました。ちなむと27秒+32秒というひどい有様だったのですが、タイム自体よりも脚の動かなさ(すごくフラフラしました)やフォームの乱れに大変ショックを受けて、あまりの悔しさに火がついて、もう一度鍛える決意をしてしまいました。そんなわけで最近は走練も少しずつ始めています。再開して感じましたが、やっぱり陸上楽しいです。

しかし、そうは言っても駒場に来れる回数は限られていますしあくまで研究を生活の中心に据えたいと思っているので、あんまり競技として続けるつもりはありません。もちろん鍛える以上は目標があった方がモチベーションの維持に良いと思いますが、それは必ずしも試合でなくてもいいし、競技せずにただ練習をするというあり方もありうるのではないでしょうか。無いかもしれないですけど。さしあたっての目標はOB戦でスウェーデンリレーに同期で出場することです。長期的には200+200で50秒台まで戻すことです。

こういう感じです。わがままな行動かもしれませんが、どうかご容赦ください。これから駒場でお会いすることもあると思いますので、その時はよろしくお願いいたします。

 

次は今須にお願いしました。

広告

コメントする

158.平日全然練習行けなくてつらい M1早川

【氏名】早川頌

【出身高校】都立西高校

【所属】工学系研究科 システム創成学専攻 沖田研究室

【専門種目/自己ベスト】走幅跳/6m70cm、100m/11″03

【目標】走幅跳7m台、100m10秒台

 

今年から院生になりました早川です。

高校は中距離の原先輩と同じで、原先輩には高校の頃からお世話になっています。

 

学部時代は院で陸上を続けようか迷っていましたが、せっかくならより良い記録を残して陸上競技を終えたいし、社会人になったら陸上を競技として続けるのは難しくなると思い続けることにしました。

院では上で述べた目標を達成するまで続けるつもりです。達成したら即刻消えるかもしれません。

 

学部生からいい刺激をもらいつつ頑張りたいと思います!

 

次はM1の山田銀河にまわします。

 

 

コメントする

157.柏キャンパスは意外と快適 M1上野

【氏名】上野隆治

【生まれ】大阪府大阪市

【小学校】山口県下関市 山の田小学校

【中学校】香川県高松市 玉藻中学校

【高校】東京都 桐朋高校

【所属】新領域創成科学研究科 人間環境学専攻 大和/稗方研究室

【専門種目/自己ベスト】棒高跳/4m70

【当面の目標】関東I.C.3部優勝

【夢】5m跳ぶこと

 

先輩方、お久しぶりです。はじめての方は始めまして。上野です。

昨年度は学部チームの主将を務めておりました。はらぼうは主務でした。

陸上競技は小3から始めました。はじめは駅伝大好き少年で長距離(中距離?)をやっていました。小6で足が速くなったので短距離やハードルを経験し、中学では中距離やろうかなーと思っていたら棒高跳に勧誘されてそれ以来10年以上棒高跳をやっています。

棒高跳という少し特殊な競技ではありますが、院生チームの一員として試合に出場したいと思っております。ちなみに早速4/4(土)の六大戦にも出させてもらいました。4m50で2位でした。学部チームの棒高跳補充要員として働きつつ、関東I.C.やそれ以上のステージを目標に競技を続けます。

 

さて、表題のとおり僕の研究室は柏キャンパスにあります。千葉県です。といっても場所はチーバくんで言うと鼻の付け根あたりなので比較的東京には近いです。意味が分からない人はググってください。一ヶ月柏に暮らしてみて、意外なほど快適な場所だと実感しております。家賃は安く、薬局・スーパー・ホームセンターは徒歩圏内。キャンパス内は広々としており目の前には柏の葉運動公園(これもググってください)。柏の葉キャンパス駅(つくばエクスプレス)には“ららぽーと”が隣接しているので、欲しいのものはだいたい手に入ります。ちなみに柏で生活していると車が欲しくなります。

最近のネックは駒場グラウンドへなかなか赴けないことです。ただでさえ遠いのに、夏学期前半は土曜授業が入ってしまい日曜日になんとか跳びに行くといった状況です。院生となった今では練習量で誤魔化すことはできなさそうなので必要な練習を見極めて無駄なく記録を伸ばしたいと思います。

 

よろしくお願いします。

 

次はM1の早川に回します。

コメントする

第243回日本体育大学長距離競技会

【期日】2015年 4月 25日(土)、26日(日)
【会場】日本体育大学健志台陸上競技場
【結果】

種目 氏名 学年 記録 備考
男子800m 園部 竜也 D3 2分02秒24
男子1500m 梁瀬 将史 M2 4分28秒36
原 慎一郎 M2 4分08秒48
男子5000m 池田 岳弘 M1 16分52秒61 初レース
筒井 隆徳 M1 17分19秒31
三浦 達彦 M2 16分50秒13

出場された方はご報告をお願いします。

4件のコメント

156. 大学院生活を舐めていたかもしれない M1原

【氏名】はらぼう(原知明)

【出身】愛知県名古屋市

【所属】農学生命科学研究科 生産環境生物学専攻 生物測定学研究室

【大学ベスト】

5000m 15’36”18(2013年4月)

10000m 32’46”75(2013年11月)

20km 66’47”(2014年10月)

【当面の目標】生活リズムの立て直しと5000mで16分切れるくらいの走力を取り戻す

 

皆さんお久しぶりです。はらぼうです。

現在、修了単位取得のための授業の闇に飲まれています。

週3で6限まで、週1で5限まで授業があり、その予習や宿題にも時間をとられてなかなか練習の時間が確保できずにいます。

ついでに絶賛夜型生活中です。やばいです。

無理が祟って、先週久しぶりに風邪を引いて熱を出しました。ミーティング欠席してすみません。

どれもこれもS1タームが終わるまでの辛抱ですね…。

ちなみに、ブログを当ててくれた池田くんとは同じ研究科ですが、専攻が違うせいか、いまのところ同じ授業を受けることにはなっていません。少し残念です。

 

ブログを書くに当たり、自分が大学院まで陸上を続けたいと思うモチベーションって何だったんでしょうね、ということを考えたんですが、正直なところを申し上げますと、まあいろいろありまして、自分の記録や大会の結果に関しては全くと言っていいほど悔いが残っておりません。

で、何がモチベーションになるかっていうと、練習に出て気の置けない仲間と走ったり遊んだり、走った後のご飯だったり。あとはやはり箱根駅伝予選会ですかね。走るのであればあそこが一番楽しいし。できるのであれば、またあの道を走りたい。そのために引退を先延ばしにした、そんな感じです。

逆に言ってしまうとその程度で、このタイムを切りたい、上位の大会に出たい、などといった目標は特にありません。学部の頃に比べるとなんとまあ志の低いことか、と思われる方もいると思いますし、自分でもそう思います。

しかし、勉強の方も面白くなってきたし、陸上以外の趣味も続けていきたい。でもまだ走ることも続けていきたい。どうバランスを取っていくか、非常に悩ましいところですが、ストレスを溜めない程度に頑張ります。

 

まあそんなこんなではありますが、授業詰め込まれすぎなS1タームが終われば、学部時代よりちょっとだけ勉強の比重高めなだけの生活が戻ってくると思います。多分。そういうわけで今後も仲良くしてください。

 

ちょっと長M1が続きすぎたので、次はフィールドの上野にお願いしました。よろしく。

1件のコメント

第17回長野マラソン

【期日】 2015年4月19日(日)

【会場】 長野マラソン長距離競走路 (日本陸連公認、AIMS公認) スタート:長野市吉田・長野運動公園 フィニッシュ:長野市篠ノ井東福寺・長野オリンピックスタジアム

【結果】

氏名 学年 記録 順位 備考
秋山太陽 M2 2:23:21 18 PB

1513702_843846419030079_8741694286134936630_nScreen Shot 2015-04-24 at 16.11.55

1年4か月ぶりくらいのマラソンPBでした。
半年近くかかった不調から徐々に上向いている感覚があります。
応援どうもありがとうございました。
秋山太陽

コメントする

バドミントン部からきました。 M1 池田岳弘

【氏名】池田岳弘

【出身】埼玉県鴻巣市

【所属】農学生命科学研究科

【自己ベスト】ありません。

【当面の目標】16’30切りです。

 

バドミントン歴10年、陸上歴数か月の陸上初心者池田です。中学から大学までずっとバドミントンを続けていました。

 

陸上に入ったきっかけは、バドミントン部での長距離走にありました。バドミントン部ですが、走ることが楽しかったです。長距離走が楽しくて、長距離走のある日はわくわくするほどでした。景色を楽しみながら、町の人を見ながら、良い風を感じながらはしるのがすごく楽しかったのです!お世話になったバドミントン部の方々がこれを見たら、バドミントンに集中してろよ!と言われそうです汗

 

また、学問においても、慶應の物理学から東大院農学に変わりました。もともと、物理学に行こうと思った理由は、身の回りで起こる現象を数学を用いて定量的に解明できること、現象をイメージしながら計算するのが楽しいことにありました。しかし、大学四年の時、将来やりたいことは何なのか、研究室の先生と相談した際に、自分が本当にやりたかったことはフィールドワークにあると気づきました。小さい頃から、外で遊ぶことや生き物と触れ合うことが好きだったことも関わっていると思います。そこで、現地調査が多い農学に行こうと思い、思い切って大学院入学を機に農学を目指しました。

 

僕が所属している研究室はホワイトで、自由な時間があるので、陸上にも力を注いでいきたいと思っています。

以上長くなりましたが、自己紹介とさせていただきます。これからもよろしくお願いします。

 

次は長距離同期の原君よろしく!

コメントする

154. 学生注目!なんだー! M1 根本雄平

【氏名】 根本雄平

【出身地】 千葉県我孫子市

【経歴】

千葉県立東葛飾高等学校

→早稲田大学創造理工学部建築学科

→東京大学大学院工学系研究科建築学専攻

【専門】 長距離

【自己ベスト】

1500m 4’05’08 (2009年9月)

5000m 15’24”?? (2009年10月)

ハーフマラソン 75’51” (2014年10月)

フルマラソン 2°53’51” (2012年11月)

【当面の目標】 健康体で走れるようになること

 

学部時代から、このチームに憧れてたのに怪我して入部を迎えるという最低のスタートを切ってしまったM1根本です。

 

小学校、中学校とずっとサッカーやってました。助っ人として中学の時に駅伝に出たら楽しかったので、高校では陸上部に入りました。高校での陸上は楽しい思い出ですが、楽しさよりもつらさのほうが多かったような印象です。というわけで、大学では陸上部に入るのはやめ、憧れの箱根駅伝は毎年沿道で応援していました。学部時代は、マラソンサークルで女の子と楽しく皇居ランをし、サッカーサークルで友達と楽しくお酒を飲み、イベント会場でかわいいアイドルと手を握り合うという、最高な大学生活を送っていました。大学駅伝はファンの1人として観戦していたのですが、「やっぱり、自分も走りたい」と思いました。とりあえず走る方法を調べていたところ、大学院でも箱根駅伝予選会を走っているチームがあるのを知りました。大学名をみると、「東京大学大学院」……….でも、大学駅伝に、特に、箱根駅伝に関わるとすると、当時の僕に残されていた選択肢は2つ。

「早稲田で競走部に入り選手になる or 勉強して東大大学院に入る」

圧倒的後者!!!というわけで勉強をし、無事このチームに入部することができました。大学院ではフルマラソンは走るつもりはないので、それ以外のすべての種目で自己ベストを更新したいと思っています。もちろん、ただ東大に来て陸上ができればいいという訳ではなく、自分の興味のある分野(建築)でなければ意味がないと思っていました。

 

研究については、僕は建築の構造系分野で特に耐震構造学について学んでいます。僕が大学に入学した年はちょうど東日本大震災があり、入学式がなくなり、社会に様々な変化が起きました。将来起こるとされている都市直下型地震に備える意味も込めて地震や建築構造について学んでおく必要性を感じています。将来のことはまだわかりませんが、今は自分の学びたい分野の研究室へ来ることができたので、修士2年間しっかりと学んでいきたいと思います。

研究室は留学生が多く、皆さん非常に優しく、とてもアットホームな雰囲気で、毎日が(走れないということを除いては)とても充実しています。1つ上に綺麗な女性の先輩もいるので、毎回研究室に来るのが楽しみです。

 

今は、5月の練習復帰を目標に日々リハビリをしています。入部が楽しみすぎて、ランシューやスパイクを3足も春にまとめ買いしたのですが、とてもきれいな状態のまま家に保管されています。去年はあまり走れていないので、この春からは0から競技生活をスタートさせるつもりで頑張っていきます。皆さんと1日でも早く一緒に走りたいです。

 

以上、長くなってしまいましたが、自己紹介とさせていただきます。これからよろしくお願いします。

次は慶應ボーイの池田で。早慶戦は負けません。

よろしく!

 

 

 

 

コメントする

153.きっとぅ、16’30”

【氏名】筒井隆徳

【出身】福岡県北九州市

【所属】公共政策大学院

【自己ベスト】5000m 16’53”94(2014年11月)

【当面の目標】16’30切り

 

とりあえず16’30をきらなきゃいけない筒井です。

なんとしても16’30を切らなきゃいけない筒井です。

最近、油断すると寝る前でも風呂の中でも授業中でもジョグしているときでも16’30のことを考えます。

いろいろ考えるのも楽しくなくはないんですけど、とっとと切っちゃいたいですね。

 

今は週10コマの授業があって、逆に言うとそれだけなので今までどおり練習できます。

火木土の練習にも全部いるのでたまに自分が学部生じゃないことを忘れそうです。

とりあえず来週日体で5000を走るのでそこで16’40前半くらい出しちゃって、国公立で16’30”切れるように練習します。

 

自分の中でM1になって新しくM1長距離の仲間ができてなんか目標作って頑張って行くんだかんがあります。

もし院生になって長距離やりたいんだよねとか迷っている人がいたら長くて坊主の筒井がいるのでぜひ駒場のトラックまで足を運んでみてください。

一緒に走りましょう。

全パートあるのでほかの種目の人もぜひ駒場へ。

ぜんぜんまとまり無いんですけど、自分の文章力の限界な感じなのでいいブログは次の人に任せます。

ってことで次は早稲田から新しく入ってきてくれた院生で今日の朝たまたま会った根本で。

よろしく。

コメントする

#151 新年度を迎えて 三浦達彦

長距離M2三浦達彦です。
新年度を迎え、院生チームにも新入生が加入してくれました。
また、しばらくブログの更新が滞っておりましたので、自己紹介からブログの更新を再開したいと思います。

はじめは今まで自己紹介をされる機会のなかった中距離D1大内田さんにお願いいたします。

コメントする