2016年4月 のアーカイブ

院生になってしまいました M1 宮原

M1になってしまいました。短距離パートの宮原です。
例によって自己紹介。

【氏名】宮原弘季(みやはらひろき)
【パート】短距離
【出身地→高校→大学】広島県広島市→修道中学•高等学校→河合塾広島校→東大理一→東大工学部→東大院学際情報学府
【研究科】学際情報学専攻 先端表現情報コース 河口研究室
【今年度の目標】自己ベスト、日本選手権に出てみたいなぁ

 最近いい感じに練習積めてます。火曜日の300mでは去年の夏合宿以来、約8ヶ月振りに34秒台で走れたので少し調子に乗っているところです。
 課題は身体が細くスピードが出ないことです。100mが11秒前半だとどう足掻いても限界があるので、とりあえず10秒台では走れないとなぁと思っています。長らく試行錯誤してきた甲斐があって走りの技術がかなり向上してきた一方で、9割程度のスピードを維持したまま300m近く走れてしまう、というのが今の現状です。そのため、つい先日やっと重い腰を上げて苦手なウエイトを再開しました。早速、身体中が重度の筋肉痛になり、日常生活がつらい反面とても嬉しいです。伸びしろだらけです。これから最低週一では続けていこうと思っています。
 今年6月の日本選手権に出場するのは難しそうなので、今年の全日本インカレ、そして来年の日本選手権(標準切りたい!)に向けて着実に、継続して、そして何より楽しんで練習していきたいと思います。

 最後に院生活について。始まって1ヶ月が経とうとしていますが「辛い」です。あまり忙しいとは感じていません。精神的に辛いです。以上です。

 次は同じくM1になりました長距離の渥美にお願いしました。よろしく。

広告

コメントする

福岡からの刺客 M1 田中雄也

はじめまして。この春より入部しました、田中と申します。

皆さんに早く覚えて頂きたいので、ぜひとも自己紹介をさせてください。

【氏名】田中雄也
【パート】短距離
【出身地→高校→大学】福岡県福岡市→福岡県立修猷館高校→九州大学工学部→東大院新領域創成科学研究科
【研究科】 複雑理工学専攻 篠田・牧野研:触覚関連の研究室です。応用分野は非常に多く、現在最もホットな分野の一つだと個人的に考えています。専攻は全く違いますが、先日記事を書いていた小西くんともオーバーラップする部分があります。

【今年度の目標】まずは怪我をしないこと!その後ぼちぼちベストを更新していきたいです。

陸上は高校以来となります。といっても、高校は途中で辞めてしまいましたので、トラックの感覚が本当に懐かしいです。 そういう感じで久しぶりの陸上なので、まずは怪我をしないように身体を慣らしていって、マイペースに競技を楽しもうと思っております。

陸上を辞めてからは格闘技をしておりました。

特に学部時代はムエタイ(タイの格闘技。バラエティ番組でのタイキックで有名)をしており、院試の面接では「勉強以外に頑張っていることはありますか?」という質問に「ムエタイです」と答えて教授陣をざわつかせました。

拳の握り方、パンチの打ち方、チンピラに絡まれたときの対処法等、何か格闘技関連で質問があれば、お気軽にお尋ねください。ただ、格闘技と陸上競技の両方を経験した者の意見としましては、チンピラに絡まれたときはダッシュで逃げることをお勧めします。そのためにも皆さん、陸上部で脚を鍛えておきましょう。

また、お酒(というよりも飲み会)がとても好きです。研究が行き詰まったときはぜひ一緒に飲みに行きましょう。そして全てを忘れましょう。

本来次に書く人を指名しなければならないのですが、恥ずかしながらアテがありませんので、指名は小西くんに一任しようと思います。指名された方はよろしくお願いします。楽しみにしております。

それでは、これからよろしくお願い致します。

1件のコメント

【大会結果報告】第249回日本体育大学長距離競技会

【期日】2016年4月23日(土)、24日(日)
【会場】日本体育大学健志台陸上競技場
【結果】

種目 氏名 学年 記録 備考
男子800m 小南 直翔 M1 1’57″20
男子1500m 大内田 弘太朗 D2 4’17″59
男子1500m 小南 直翔 M1 DNS
男子5000m 根本 雄平 M2 16’52″41
男子5000m 筒井 隆徳 M2 16’52″53
男子5000m 池田 岳弘 M2 DNS
男子10000m 原 知明 M2 DNS
女子800m 今須 宏美 M2 DNS

出場された方はご報告をお願いいたします。

3件のコメント

172. 走るの楽しい M1 小西慶治

初めまして〜
学部から進学してきました小西慶治と申します。多分、面識ない人もいる?と思いますので、さっくり自己紹介します。あったことある方も自己紹介あんまりちゃんとしてないと思うんで、是非!
(と言いながらさらっとパクってごめんなさい)

【氏名】小西慶治(こにしけいじ)
【パート】短距離
【出身地→高校→大学】滋賀県守山市→県立膳所高校(普通科)→駿台京都校→東大理一→東大文学部→東大人文社会系研究科
【研究科】人文社会系研究科 基礎文化研究専攻 心理学専門分野 : 心理って言っても知覚とか認知とかっていうお話です。本郷で暇な方実験被験者なってください〜(切実 そして情報系、統計系の人一緒にお勉強させてください(逼迫
【記録】800m 2’02″14 TJ 13m62

【今年度の目標】自己ベスト!(練習行きます…

紆余曲折ありまして、4月から人文社会系研究科に進学することになりました。文系の院に来てしまってとてもビビっています。学部時代勉強してなかったツケを支払っているのですが、利息が高くてやべーってなってます。利息ってなんなんですかね。。。

さてさて、関カレ一部昇格に貢献(する気あったのかどうかは今となっては疑問)することができなくなってしまったのですが、福島をはじめ学部に残してきた同期の活躍も目覚ましくめちゃアツいです。短距離の後輩の成長著しいですし、なんとか標準切ってほしい!全体としては去年成し遂げられなかった偉業を是非とも達成してもらいたいです!!!

小西はというと4日間日産に足繁く通(う予定())います。3部の200と400エントリーはしてもらう予定なので、そこで走ることができる水準に戻したいなぁと思っております。気分はそんな感じなのですが、体がグランドにいないぞー??

なんやかんやで、今は後手後手に回ってしまっているのですが、なんとか生活リズムを確立して陸上に使える時間確保したいと思いますので、何卒よろしくお願いします。

次は短距離に入ってきてくれた田中くんにお願いします。柏の人は遠いけど、グランド来てね!

P.S.
と朝の電車で書いていたところ、一橋大学のブログ記事を発見したためにうわーっとなっております。とりあえずエスカレーター使うのやめよ。

コメントする

171. 自己紹介 M1 佐野雄図

初めまして〜
新しく入った佐野雄図と申します。多分、面識ない人もいる?と思いますので、さっくり自己紹介します。あったことある方も自己紹介あんまりちゃんとしてないと思うんで、是非!

【氏名】佐野雄図(さのゆうと)
【パート】中距離
【出身地→高校→大学】千葉県船橋市→県立船橋(理数科)→早稲田先進理工物理
【研究科】理学研究科物理学専攻 樋口研究室。物理といっても専門は生物物理なので細胞飼ってます。偶になぜか死なせてしまう。
【記録】800m 1’55″83
【今年度の目標】自己ベスト!( 院生になってもさらに伸ばせるかちょっと不安だけど。

学部では早稲田大学陸上同好会(早大同)で走ってました。記録会などで早大同と走ったりした方もいらっしゃるのでは?
(先日の日体長でも見かけたかも。。。東大、早大同両方の団体の結果を見てPBの人も多くて刺激をもらいました)
同好会のくせにちょっと速い人もいるサークルです。早稲田だと部がストイックすぎて入りづらいので、インハイ行った人とかも同好会にいたりしますよ。メンバーが多すぎて競技全くしてないひともいますが。

しかし、去年私は1つも大会出れず…
9月までは院試と公務員試験受けてたので全く3日に一回jogするみたいな感じになり、出そびれてしまいました。最近ようやく体が元に戻りつつあるけど、まだまだ遅くて悲しいです。
土曜日は中距離パートの練習に参加しているのですが、それだけだと量が足らないので平日にどうやってスピード上げる練習するか考え中です。

やったことある人分かるかも知れませんが、ペーランとかならまだ大丈夫なのですが、800mの練習で出すようなスピードでその辺の道を走るととても不審がられるんですよね。地元の直線道路を往復走してたりすると、小さい子供に怪訝な目で見られます。多分、全力だしてるときって必死な感じで走ってるから、周りからしてみると不審なんでしょうね。

新生活が落ち着いたら都内の競技場が使えるようになったら水曜の夜とか練習できるかな…
今、織田フィールドと和田堀っていう都内市民ランナーがよく使う競技場が使用不可になってるのもちょっと残念な感じです。織田フィールドなんて去年から改修工事してもう終わってるはずだったのに、なぜかもう一年かかるそうです。
そう考えると東大の環境って最強ですよね。渋谷からすぐだし、金掛からないし、競技場行けば練習仲間もいるし。
こんな環境で練習できる! これは入らざるを得ない!! と思って一緒に走らせてもらってます。

まぁ、私はそんな感じで走ってる人です。

とりあえずは5月中くらいには800で2’00切りをして、6月下旬の千葉県選手権に出場することを目標を達成にしてます。
県選に出ても今の状態では高校生たちにボコボコにされそう。でも地元の県選って自分の後輩とか出てたり、昔の顧問いたりして楽しいです。

特に書くこともなかったのでツラツラ思うがままに書いてしまったので何を言いたいんだかよく分からん文章になりましたが、自己紹介はこんなんもので。
これからよろしくお願いします!

コメントする

170. 院生になりました M1小南

新M1になりました。中距離パートの小南です。

学部から上がってきたし、新しい中距離5年の2人も知ってるので必要かわかりませんが、自己紹介します。

【名前】 小南直翔
【入学時のパート】 長距離
【現在のパート】 中距離
【専攻】 工学部社会基盤学専攻(地盤の研究室です)
【記録】
100m 12″90(±0.0)
800m 1’56″81
1500m 3’59″22
5000m 15’55″60
400mH 1’03″66
3000mSC 9’55″07
ハーフマラソン 76’45
など

大学院に入学して早々に六大戦に対校で出場させてもらい、1500で初めて3分台を出して伸び盛りです。800mもシーズン初戦で1’56″81の自己ベストで冬練の成果が出ています。今年はまずは関カレ3部の標準切りを目指して現在調整中です。
その後についてはまだ決めていませんが、専門種目を伸ばすことを第一に練習しようかと考えています。研究室の学会等が重ならなければ予選会も出場はできるように、一応学部引退後に5000mで予選会標準は切っておきました。がっつり20kmの練習をするつもりはないですが、中距離はスピードを強化していくと同時に距離を踏むのもある程度は大事だと思うので上手く練習できればと思っています。

これからもできる限り練習には参加していきますのでよろしくお願いします。

短いですが、次に回します。
他学年他パートというルールがあるようですが、新しく入った人に自己紹介をしてもらいたいので、新しく中距離に入った佐野にお願いします。

コメントする

169.はじめまして M1佐藤洋介

はじめまして。
今年からお世話になります。
佐藤洋介です。
ご存知の方がほとんどいないと思いますので、始めに自己紹介をさせていただきます。

【氏名】佐藤洋介
【パート】中距離
【出身地→高校→大学】宮城県黒川郡→宮城県仙台第三高等学校→東北大学農学部
【研究科】総合文化研究科 広域科学専攻 生命環境科学系 身体運動科学研究室(八田研)
【記録】800m 1’54”22
【今年度の目標】フルマラソン完走、200m22秒台
【外見】身長172cmで、顔立ちがはっきりしていて、小顔でまつげが長いです。

半年ぐらい、ほとんど運動していませんでしたが、3月の東大記録会が楽しかったので、もう少しだけ自分のペースで走ることにしました。
研究室の先輩の竹井さんに、たまに足が速くなる方法を教えていただいています。
駒場にいるので、元気がある時は、合同練習にも顔を出せればと思います。

目標については、去秋に完走目標でフルマラソンに出たら、ゆっくり走っていたのに、
膝が痛くなって完走できず、悲しい気持ちになったので、秋頃にフルマラソン完走できるようにしたいと思っています。
あと、トラック種目は短距離種目に少し挑戦してみようと思っています。
中距離パート感が全くないような気もするのですが、800mも1本か2本は、どこかで走りたいと思います。

ということで、ユーモラス感が全く感じられない内容になってしまいましたが、
とっておきのおもしろい話は、直接皆さんにお会いした時のためにとってあるので、この辺で。
ということで、小南に回します。

コメントする

168.院生ブログ再開しますよー M2原

みなさんごきげんよう。院生ブログ管理人を引き継ぎました長M2の原です。初めての方ははじめまして。どうぞよろしく。
このブログ、最近は試合結果の報告ばっかりになっていますが、一応は普段あんまり顔を合わせられない院生パートのメンバー同士の近況報告や交流、あるいは外部の人に向けた情報発信の場として使うものなのです。少なくとも私自身はそう認識しております。
というわけで、そろそろ新年度が始まって落ち着いてきたことですし、まずは顔合わせ(?)ということで、軽く自己紹介と何かしら陸上にまつわる話をしていただきたいと思います。
ブログの書き方はメーリングリストで回したとおりですので。ひとつよろしくお願いいたします。

さて、本題に入りましょうか。

【氏名】原 知明
【パート】長距離
【出身地→高校→大学】愛知県名古屋市→愛知県立旭丘高等学校→東京大学農学部
【研究科】農学・生命科学研究科 生産・環境生物学専攻
【記録】
5000m 15’36”18
10000m 32’46”75
20km 66’47”
ハーフマラソン 70’28”
【今年度の目標】自身6回目の箱根駅伝予選会に出場して、66分を切る。あわよくば大学院チームの歴代最高記録の更新。

いやー、ついこの間大学に入学したと思ったらもう修士2年なんですね。「俺は陸上部に入りたいんです、他は全く興味ないです、どいてください!」と叫びながらテント列を抜けていったのが懐かしいです。博士課程には進学しないので、実質ラストイヤーです。陸上運動部で走るのは楽しいけど、やっぱりもう勉強はしんどいです。かと言って会社勤めがしたいわけでもないです。清里町(夏期合宿で毎年お世話になる北海道斜里郡の町)でサトウダイコンとかジャガイモの畑を耕しながら暮らしたいです。いや、それはそれでしんどいのかもしれませんが。

さて、今期の目標も、上のテンプレにも書いたとおり、箱根駅伝予選会です。
東大院といえば、学部との合同チームが禁止されているルールの中で、毎年大学院チームを結成して予選会に出場する唯一の大学院であります。つまりどういうことかというと、大学院生として予選会に出場するためには東大院に入るのが一番確実なわけです。我々は、箱根駅伝の夢をまだ持ち続けていらっしゃる方の入部をお待ちしております。実を言うと毎年毎年チーム人数の不足に悩まされてまして、今年もちょっぴり危ないです。いまなら、昨年東大記録を更新した(おそらく)歴代最強の学部生チームと一緒に練習できます。キャンパス内にかなり自由に使えるトラックもあるし、練習環境はすこぶる良いです。すげぇ。もちろん、長距離以外の選手やマネージャーの入部もお待ちしております。
露骨な勧誘はこれくらいにして話を戻すと、自分は学部1年の頃から毎年予選会に出走させていただいておりますので、今年出走すると6回目ということになります。予選会には同じチームでは(たとえ留年しても)4回までしか出場できないルールがありますので他の大学で5回以上の出場を経験している人はまずいないでしょうし、東大の中でも学部の頃に4回の出場を経験し大学院に進学した人はかなりレアですので、6回の出場経験がある人間は世界広しといえどもおそらく片手の指で数えられる程度しかいないはずです。そんな人間は自分は梁瀬さん(ただし6回の出場のうち1回は故障のため出走はしていない)ぐらいしか知りません。だからなんとしても6回目の出場を果たしてレア人間になります。いや、もちろん、出場するだけで満足ではありません。出場するからには、自己ベストを更新します。ついでに院生のチーム記録も狙っていこうではありませんか。みんな頑張りましょう。

話は変わりますが、最近読んで一番面白かった本は、陸上競技のルールブックです。
こいつ頭おかしいと思われたかもしれません。断言します。自分でも頭おかしいと思います。
そもそもなぜルールブックを読もうかと思ったかですが、陸上運動部の長距離コーチでいらっしゃる松本翔さんのTeamM×Kが主催する市民ランナー向けの公認記録会「M×Kディスタンスチャレンジ」の写真判定をお手伝いすることになったため、もう一度ルールをしっかり確認しておきたかったからです。写真判定は東大競技会でさんざんやりましたが、万が一不備があって実は公認の要件を満たしていませんでした、なんてことになったら申し訳ないので。
で、陸上運動部の部員なら(審判資格を持っているはずなので)誰でも持っているはずの陸上競技ルールブックを引っ張り出してきて読むわけなんですが、普段我々が何気なく使っている用器具やトラックにもちゃんと細かな規定があったり、レース中当たり前に起こることからめったになさそうなことまで、なぜそうしてはいけないのか(そうするべきなのか)の根拠が事細かに書いてあったりして、へー、そうなのかー。と終始感心しきりでした。もともと自分はルールへの感心が高く、ひとしきり知っているつもりであっただけに、新しく知ることが増えるたび、その感動はひとしおでした。
というわけで、勢い余ってこんなものを作ってしまいました。せっかくなのでよろしければ挑戦してみてください。
重箱の隅をつつき倒すような問題ばかりですが、室内陸上を除くほぼすべての項目を競技者側からも競技会主催者側からもバランスよく20問に詰め込めたと思います。問題文と解答・解説はこの記事のコメント欄に載せておきますので、回答し終わったら確認してみてください。回答の送信は必須ではありませんが、ある程度回答が集まったら各問題の正答率なんかも公表したいなと思っています。
作ったんですが、参考にしたルールブックが2015年度版だったせいで、2016年度版とは裁定などが微妙に違っていて、問題のいくつかが成立しなくなったので撤回します。本当に申し訳ありませんでした。穴があったら入りたい…。明日2016年度版のルールブックを買ってきて一から読み直しますので許してください…。いやー、本当にルールは突き詰めると奥が深い…。(4月18日23時15分訂正)
皆さんも、少なくとも自分の種目に関係するところだけでも、ルールブックを読み込んでみてはいかがでしょうか。書籍にもなっていますが、webページからも読むことができます。きっと新しい発見があるはずです。

さて、どうでもいいことばっかりで長くなってしまいました。ここまで読んでくださった皆様、ありがとうございます。
次は他大から新しく東大院にやってきてくれた、佐藤洋介くんにブログをお願いします。 (こんなに長々と書かなくても良いです。)よろしくお願いします。

追伸(4月22日21時25分)

買いました。
SH3J0149
通常の書店には売っていなかったので(そりゃそうだ)、取り寄せに少し時間がかかりましたが無事に入手しました。
これでもっと勉強して、正しいルールを身につけます。

コメントする

第49回東京六大学対校陸上競技大会

【期日】2016年4月2日(土)
【会場】慶應義塾大学日吉グラウンド
【結果(対校の部)】

種目 氏名 学年 記録 着順 備考
男子1500m決勝 小南 直翔 M1 3’59″22 8
男子400mH予選1組 宮原 弘季 M1 53″85 4 q
男子400mH決勝 宮原 弘季 M1 52″78 5

【結果(オープンの部)】

種目 氏名 学年 記録 備考
男子1500m 渥美 祐次郎 M1 4’15″08
男子5000m 原 知明 M2 16’03″16
男子5000m 佐藤 駿 M1 16’33″81
男子5000m 筒井 隆徳 M2 16’59″47
男子棒高跳 上野 隆治 M2 4m00

出場された方はご報告をお願いいたします。

1件のコメント