2017年4月 のアーカイブ

【部員ブログ#2】 M1ですが 岩渕@長M1

こんにちは。修士1年で長距離パートチーフの岩渕康太です。まずはざっくり自己紹介をしたいと思います。

 

研究科; 薬学系研究科薬科学専攻

出身高校; 東京学芸大学附属

出身大学・学部; 東京大学薬学部薬科学科

自己ベスト; 5000m 15’37”22

主な試合歴; 全関東MDPV2016 男子5000m 5位, 第93回箱根駅伝予選会 67’17(381位)

 

…とまあ特に変わった経歴があるわけでもなく、学部チーム時代は対校戦ともほとんどご縁がありませんでした。MDPVは医歯薬獣医系の大会で鉄門陸上部の管轄ですが、薬学部の立場を悪用(?)して出場させていただいたのです(鉄門陸上部の皆様、その節はありがとうございました)。箱根駅伝予選会は最終学年でようやくメンバー入りにこぎつけ、チーム内8位という結果でした。全力を尽くすことはできたと思いますが、個人タイムやチーム記録に結びつかず、やや悔しい思いの残る試合となりました。

 

さて、昨年度まではM2の方が長距離チーフを務めていましたが、今年度はM1の私が務めることになりました。渥美さんや福島さんといった強力な先輩方を率いるのは畏れ多いことですが、チームのまとめ役としての責務をしっかり果たしていきたいと思います。

それではここで箱根予選会に向けた抱負を…と言いたいところなのですが、今はそれどころではありません。というのも

 

人が足りない

 

…そうなんです、4/28現在、参加標準タイムである5000m 16’30を突破している部員が7名しかおらず、チームの出場が危ぶまれているのです。昨年度もギリギリの出場でしたが、今年度はさらにピンチです。幸い、新M1に外部大学or団体出身の方が多数入部してくれたのでお先真っ暗というわけではありませんが、危機的状況であることは変わりません。なんとか16’30を突破する選手を10人揃え、予選会のスタートラインに立てるよう努力する所存です。1年間よろしくお願い致します。

 

追記

このブログを読んで「お!人数足りないなら俺でもイケるんじゃね?」と思った方がいましたら是非ご連絡ください。新たなる挑戦者は随時募集しています!

広告

コメントする

【部員ブログ#1】“電球と渋滞” 藤田@ 短M1

こんにちは!

はじめましての人ははじめまして!

今年度院生主将を務めさせていただきます、短距離M1の藤田と申します。

せっかくの機会なので、今回のブログでは無難に自己紹介を行います。

【所属】工学系・航空宇宙工学専攻

【研究テーマ】(ここ重要!)

 

渋滞

 

*******************

「渋滞」、この単語だけを聞くと多くの人が車の渋滞を連想するでしょう。

しかし、実際には、渋滞するのは車だけではありません。

ディズニーランドやスクランブル交差点では人が渋滞します。

工場ではモノが渋滞します。

緊張を伴った会話では、頭の中で言葉が渋滞します。

 

そう、万物は渋滞するのです。

 

これらの文脈において、「渋滞」という言葉は、物がうまく流れていない状態として定義されます。

お察しの通り、これらの渋滞現象を統一的な手法で”解く”ことはできませんが、中には数学で厳密に解けるものや、上手いシミュレーターによって解析できるものもあります。面白いことに、例えばディズニーの混雑緩和が進むことで、youtubeで見ている動画のストリーミングに要する時間も減らせるかもしれないわけです。ちなみに僕は今、工場でのモノの渋滞(物流と呼ばれる)を数学的に解く研究をしています。

*******************

 

さて、自己紹介に戻りましょうか。あと少し、お付き合いください。

【身の回りの渋滞 (趣味)】

・音の渋滞 (カラオケ・ピアノ:僕が鍵盤に触ると16分音符が渋滞することから。)

・本の渋滞 (基本的に読書が大好きではあるが、積ん読本が溜まっていくことから。)

 

【最後に熱い話】

超多忙生活を想像してください。

ある日、家に着いたとき、リビングの電球が切れて夜もずっと暗いままだったとします。

そこであなたは悩みます。

「直したいけど、でも、電機屋に行くとなると2時間くらいかかりそうだし。そして今この時間にやらなきゃいけない課題もあるし。。。」

さて、こんなとき、皆さんならどうしますか? (人に頼めなかったとして)

大抵の人は電機屋さんに行きますよね。どれだけ忙しくても。

無論それは、そのときにおける電球の優先順位が高いからです。

もちろん、何もない状態で、

「ちょっと二時間捻出してくれない?」

と言われても、削り出せないですよ。二時間てデカいですから。笑

 

この考えを突き詰めると結局、「時間がない」というのは「優先順位が低い」ということと同義だと思うわけです。裏返せば、「やりたいことの為なら、時間は作れる。」と僕は思います。

もちろん、みんながみんな陸上を第一に据えてほしい、と言っているわけではありません。なんなら微塵も思っていません。

むしろ、院生チームの皆さんにはとにかく充実した院生生活を送ってほしい。そしてあらゆる面においてお互いに刺激し合いたいです。

皆さんであれば院生生活の間にやっておきたいことは溢れんばかりにあると思います。研究や勉強はもちろんのこと、プライベートや就活だってあるでしょう。

ですが、このままでは渋滞は不可避です。

そんなとき、時間がないからと言って選択肢を削るのではなく、優先順位のつけ方や時間の使い方を工夫して、思う存分院生生活を楽しんでほしいと心から思います (僕は去年末にだいぶここで苦労しました笑)。

 

さーて明日明後日は東京選手権だ。

というわけで、次のブログは東京選手権つながりで福島君にお願いしました!

コメントする

【試合結果】第256回日本体育大学長距離競技会

今週末、日本体育大学にて第256回日本体育大学長距離競技会が行われました。

大学院チームからは4名が出場し、以下の結果となりました。

男子800m

小南(M2) 13組 1’57”94

男子5000m

柏原(M1) 2組 16’51”62
佐藤(M2) 3組 16’36”16
渥美(M2) 22組 14’45”32

自己ベスト更新とはならなかったものの、シーズンインから状態を上げられている選手が多かった様です。

また、長距離パートにとっては、箱根予選会の標準切りメンバーを10人揃える事が、チームとしてまず最初の目標となりますが、早期達成に向けて前向きな結果となりました。

コメントする

「部員紹介」を更新しました

本ホームページの部員紹介のページを更新しました。

去年から継続して所属する部員に加え、新入部員を迎え、2017年度はこのメンバーで活動していきます。

部員は随時募集していますので、興味のある方は是非、ご連絡ください!

活動の模様や、大会の結果は本ホームページにてご報告していきますので、ご関心を持っていただければ幸いです。

引き続き、大学院チームへの応援をどうぞよろしくお願い致します。

【文責】M1 福島

コメントする