「お知らせ」カテゴリーの投稿アーカイブ

妙高夏合宿 7/15-17

7月15~17日の三連休を利用して、妙高高原で長距離合宿を行いました。

この合宿は毎年恒例となっており、今年もロッジサンバレイさんにお世話になりました。

S__4489220

S__4489224

普段は各自が時間を捻出して、自主練習に励む事の多い院生チームですが、学部生3名を加えた15名で、互いに力を借りながら質の高い練習をこなす事が出来ました。

また、3日間を共に過ごす事でメンバー内で意識の共有も進んだ様に思います。これから夏休みに入りますが(?)、引き続き定期的に集まって練習しながら、秋の記録会での標準突破、そして予選会を目標に鍛錬していきます。

S__4489219

今回の合宿については学部生の大日方が詳細に記事を書いてくれているので、ご関心のある方は是非そちらもご覧ください

長距離ブログ

【文責:福島】

広告

コメントする

関東インカレエントリー

いよいよ来週25日(木)から開催される、関東インカレのスタートリストが公開されました。東京大学陸上運動部院生チームからは、以下のメンバーが出場予定です。

25日(木)

9:50 1500m

2組16レーン 福島(M1)

 

11:15 100m 

1組7レーン 竹井(D1)

2組5レーン 藤田(M1)

 

14:00 400m 

1組8レーン 森本(M1)

 

 

26日(金)

13:15 3000mSC

1組20レーン 福島(M1)

 

15:30 三段跳

試順11 須藤(M1)

 

 

27日(土)

9:50 10000mW

47レーン 櫻井(M1)

 

13:55 200m

1組3レーン 小西(M2)

2組4レーン 藤田(M1)

2組6レーン 稲葉(M1)

 

15:00 ハンマー投

試順19 鍵本(M1)

 

今年は200m3人フルエントリーを始め、多くの選手がエントリーしています。

学部生チームと合わせて、院生チームにもご声援をお願いします!

コメントする

「部員紹介」を更新しました

本ホームページの部員紹介のページを更新しました。

去年から継続して所属する部員に加え、新入部員を迎え、2017年度はこのメンバーで活動していきます。

部員は随時募集していますので、興味のある方は是非、ご連絡ください!

活動の模様や、大会の結果は本ホームページにてご報告していきますので、ご関心を持っていただければ幸いです。

引き続き、大学院チームへの応援をどうぞよろしくお願い致します。

【文責】M1 福島

コメントする

2017年度入部希望者の方へ

東京大学陸上運動部大学院チームでは、新入部員を募集しています!
東大院チームでは、様々なバックグラウンドを持つ部員達が、各自の目標に向かって陸上競技に取り組んでいます。
元々、学部で陸上部に在籍していた人は勿論のこと、他のスポーツに取り組んでいた人や、趣味でランニングをしていた人など、陸上経験の有無・レベルも様々で、出身も内部進学者だけでなく、他大学や留学生が垣根無く、一緒に練習に励んでいます。

研究の忙しさやキャンパスの違いから、練習は自主的に行う事になっており、各自の事情に合わせた競技生活を送る事が出来ます。また、自主練習以外では、火・木・土に行われる学部生の部活と合同で練習する事もあります。

まずは、一度グラウンドに脚を運んでみませんか?
見学だけでも大歓迎です!
見学や入部を希望される方は、以下の主将連絡先までお願いします。
(長距離パートへの入部を希望される方は、院生長距離パートチーフへお願いします)

【院生主将】藤田旭洋

今年度院生主将を務めさせて頂きます、工学系研究科修士一年の藤田です。陸上競技はときに厳しく、時間を割いたからといって簡単に結果に繋がるものではありません。しかし一方で、限られた時間の中でも結果を出す選手がいます。彼らに共通するのは、時間術は言わずもがな、限られた時間を最大限に活かそうとする姿勢に他なりません。院生生活とは研究や就職活動で忙しくなるのが常ですが、その合間を縫ってでも競技場で試行錯誤をすることは、競技力のみならず人間性や考え方をも大きな変化を与えることと思います。幸いにも、現チームは個性的で互いに尊敬できるメンバーに恵まれております。多方面に渡って支え合い、ときに刺激し合える仲間の存在は必ずや大学院生活を有意義に過ごす上での一助となるでしょう。

初心者でも大歓迎です。グラウンドでお待ちしております。もちろん、休日に定期的に身体を動かしたい方も大歓迎です!(^^)

【院生長距離パートチーフ】岩渕康太
今年度の院生長距離チーフを務めます、薬学系研究科修士1年の岩渕康太です。院生長距離チームは箱根駅伝予選会をメインの目標として活動しております。陸上競技経験者のみならず、大学院からこの競技を始め、大きく伸びる人もいるのも我がチームの特徴です。長距離走をまだまだ続けたい方、学業以外に新しいことにチャレンジしたい方、是非一度駒場のグラウンドまでお越し下さい。皆さんの挑戦をお待ちしております。

【文責】新M1 福島洋佑

コメントする

第93回箱根駅伝予選会に出場します!

箱根駅伝予選会まであと1週間となりました。

思いがけない事件も多々ありましたが、大学院チームは今年も箱根駅伝予選会に出場することになりました。

学部生チーム共々、応援のほどよろしくお願い申し上げます。

出場メンバー

No. 氏名 学年 資格記録
554 張 仕穎 D4 16’26”70
555 大内田 弘太朗 D2 15’53”50
556 梁瀬 将史 D1 15’44”80
557 池田 岳弘 M2 15’59”8
558 筒井 隆徳 M2 16’20”14
559 原 知明 M2 16’03”16
560 根本 雄平 M2 15’52”99
561 渥美 祐次郎 M1 14’48”88
562 伊藤 嘉宏 M1 16’20”72
563 小南 直翔 M1 16’07”94
564 佐藤 駿 M1 16’13”27

2件のコメント

【メディア掲載】2016年ランナーズ3月号

前回の箱根駅伝予選会で、学生連合チーム選出記録まであと9秒だった秋山太陽(M2)が、ランナーズ2016年3月号にて3ページにわたって紹介されています。
ランナーズはランニング・ジョギング愛好家のための月刊誌で、ダイエットや健康ジョギング、気持ちよく汗を流すためのランニングから、トップランナーのフルマラソンの記録向上、ウルトラマラソン完走のためのトレーニングまで、幅広いランナー層を対象としています。トレーニング法以外にも根強い人気を誇る箱根駅伝や実業団駅伝の特集で好評を得ています。
AKIYAMA
そのランナーズのコラムの一つである鍼灸師ランナーとして有名な小松先生のコラムに秋山が登場しています。以下、雑誌内容の概要です。
秋山は学生として勉学に励む傍、陸上競技でも優秀な成績を残してきた実績があります。普段のトレーニング内容、公務員ランナーとして有名な川内さんとの合宿、ランナーに多い座骨神経痛の原因とその改善策についてランナーにとって有益な情報が記載されています。
特におすすめの内容は、小松先生のランニングフォーム改善のエクササイズです。秋山がモデルとなった写真と小松先生の解説がついたわかりやすい内容になっています。
また、昨年12月20日に行われた防府マラソンの出走記も載っていて、参加者しか知らない小ネタやアップ方法、走るときの戦略など詳しく書かれています。
是非書店でお買い求めください。

AKIYAMA2

1件のコメント

第92回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会出場

20151016

私達大学院チームは本年度も箱根予選会に出場いたします。
以下の11名のチームにより、上位10名の合計タイム
A目標:11時間25分31秒(院生歴代2位)
B目標:11時間31分16秒(院生歴代4位)
の突破を目指します。ご声援よろしくお願いいたします。

氏名 学年
張 仕穎 D3
大内田 弘太朗 D1
秋山 太陽 M2
小野田 実真 M2
原 慎一郎 M2
三浦 達彦 M2
梁瀬 将史 M2
吉岡 基 M2
吉田 周平 M2
池田 岳弘 M1
原 知明 M1

2件のコメント

【デザイン】ウィンドブレーカー2015

12月に入り世間はクリスマスモードですね。
長距離は記録が狙いやすいシーズンとなっており、練習にも身が入っているようです。

さて、昨年より作成しておりますウィンドブレーカーを今年も導入予定です。
今年は昨年よりも価格を抑える方針でデザイン中で、昨年よりも6,000円程度安くなる見込みです。
仮のウィンドブレーカー2015のデザインは以下の通りです。
MIZUNOより2015年1月発売予定の「ウィンドブレーカーシャツ」及び「ウィンドブレーカーパンツ」に刺繍プリントを施すタイプを予定しております。
デザイン及び価格に関して質問ある方はウィンドブレーカー係まで。
2015top_22015top_32015top_4
【価格】13,500-14,500円
※[ウィンドブレーカー上(7,992円)+ウィンドブレーカー下(6,912円)]×0.7(部内MIZUNO割引)+刺繍プリント代(3,000-4,000円)
【納期】1-3週間

コメントする

【コンパ】院生チーム忘年会&箱根予選会打ち上げ

最近、徐々に気温も低くなっており長い距離が走りやすい季節になってきました。

さて院生チームでは11月中旬に忘年会を予定しております。少し時期が早いのは冬の論文・中間発表を控えている人への配慮です。
部員だけでなく、雰囲気を知りたいという入部を検討している方も大歓迎です。(先日4年生も練習に来てくれました!)
特にマネージャーに関しては大大大歓迎です。学部生も喜びます。
現在、東京女子大学や日本女子大学など女子大からマネージャーとしてサポートに来てくれる子も多く楽しく活動しています。少しでも興味を持った女の子はぜひ一度グラウンドまでお越しください!
オフの日にはコンパやイベントなどを企画しますので、是非一度ご参加ください。

以下、コンパの詳細です。
uttf_bounen2014
【日時】11月18日(火)18:30-21:30 (予定)
【場所】ダリの家 (JR渋谷駅徒歩5分)
【会費】女性2000円、男性2500円
【内容】コース8品+飲み放題

参加希望の方はコンパ係までご一報ください。

参加連絡お待ちしております^^

院生チーム一同

コメントする

【出場予告】第91回箱根駅伝予選会

今年も15名が箱根駅伝予選会の参加標準を満たし、出場する運びとなりました。つきましてはチーム内で選考の結果、同大会に出場するエントリーメンバーが決定しましたのでお知らせ致します。

第91回箱根駅伝予選会について
大会名: 第 91 回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会
日時: 10月18日(土) 9時35分 号砲
コース: 陸上自衛隊立川駐屯地~立川市街地~国営昭和記念公園(立川)※下記参照
map_yosenkai
内容: 各校10-12人が20kmコースを走り、競技成績での上位 10 名の合計タイムが
少ない大学を上位として箱根駅伝本大会出場校の選抜を行う。
予選通過校: 10校
備考: 予選会を通過 できなかった出場校の記録上位者を「関東学生連合チーム(OP参加)」として選抜
(5月の関カレ成績も考慮して選考)

img_19711

大会当日は下記のメンバー(14名)で望みます(敬称略)
氏名 学年 所属 出身高校 コメント
井上 雄介 D2 理学系研究科 渋谷教育学園幕張 66分台目指して頑張ります。よろしくお願いします。
張 仕穎 D2 情報理工学系研究科 台湾国立台中第一 箱根を目指して、全力で走ります!
秋山 太陽 M2 工学系研究科 竜ヶ崎一 100位以内を目指します。分かったらだいたいの順位を教えて下さい!
岩川 純也 M2 農学生命科学研究科 半田 選手として5回目、最後の予選会。ベストな走りをすることで、これまでにお世話になった多くの方に恩返しします。
大内田 弘太朗 M2 工学系研究科 久留米大附設 学部生のついででよいので応援よろしくお願いします。
高宮 大策 M2 工学系研究科 公文国際学園 一度はトライアスロンに浮気しましたがやっぱり陸上は大好きです。チームみんなで院生歴代1位を目指します。
瀧川 朗 M2 理学系研究科 長田 快晴なら8~9km間で逆向きに富士山が見えるかも…?他は多分見えないけど(笑)、変わらぬご声援宜しくお願いします!
横山 光 M2 総合文化研究科 春日部 最初で最後の予選会ですのでチームに貢献できるよう最後まで諦めずに走ります。
吉原 圭亮 M2 工学系研究科 桐蔭学園 この1年間予選会に向けてスピード系の1500mからスタミナ系のマラソンまで自分の弱点を克服するために努力してきました。最後となる今年は20kmの大幅自己ベスト、院生レコード更新に全力を尽くします。応援サポートよろしくお願いいたします。
原 慎一郎 M1 農学生命科学研究科 西
三浦 達彦 M1 数理科学研究科 県立川越 初予選会です。頑張ります。
梁瀬 将史 M1 工学系研究科 山形東
吉岡 基 M1 情報理工学系研究科 筑波大附属
吉田 周平 M1 新領域創成科学研究科 国立 初めての予選会ですが、雰囲気にのまれず、自分の走りが出来ればいいと思います。1秒でもチームの合計タイムを縮められるように、頑張ります。

今年は例年と比較して戦力が充実しており、院生歴代1位記録(11時間18分26秒)はもちろん学部生と共に東大コースレコード(11時間07分24秒)の更新を目指しています。各個人のもともとの実力・経験も然ることながら研究の合間に練習に打ち込んでより一層のレベルアップを図っており、全員が高い目標を掲げています。
特にエースの秋山は2ヶ月間長距離合宿を行い実力を伸ばしてきています。たとえ東大院チームとして本大会出場ラインの10位以内を達成しなくても、学生連合チームでの出場の可能性もあります。
部員一同全力を尽くして走って参りますので、みなさまの応援よろしくお願いいたします。
なお、今年も日テレにて生中継されます。
放送時間:9時25分~11時25分(生中継)

tv_yosenkai

選手通過時刻表(3:00-3:30/kmペース)
raptime

当日の流れ
時刻 内容 場所 備考 参加
6:45 大学受付 駐屯地南側 ナンバーカード配布 (代表者)
7:25 長距離集合 昭和記念公園立川ゲート 長距離(選手含む)
7:50 第一次召集 駐屯地南側 (代表者)
8:30 全体集合(長距離を除く) 昭和記念公園立川ゲート 長距離以外
8:55-9:05 最終召集 競技者専用エリア 測定チップの動作チェック。ユニフォーム持参 選手
9:35 出走 スタートライン 号砲後は内側に詰めずに真っ直ぐ進む。 選手

以下院生長距離チーフの言葉

「院生新記録だけでは物足りない。立川コースレコードを目指そう。」
そう決意してから1年、ついにその夢を実現する時が近づいてきました。

箱根駅伝予選会出場のためには、期間内に5000m16分30秒以内もしくは10000m34分以内の公認記録を有する選手を10人以上集める必要があります。そのため東大院では予選会出場のために人数を揃えるのに必死になる年が多くあります。しかし今年の東大院は、かつてないほどの選手層の厚さを持ち、予選会出場はおろか院生新記録(11時間18分26秒)、立川コースレコード(11時間07分24秒)という大きな目標を掲げました。研究との両立に苦しみ、様々な困難を乗り越えながらも1年間練習に励みました。予選会には11人が出走する予定です。

エースの秋山(M2)は箱根駅伝本戦の関東学生連合チームへの選出を目指し、その後に張(D2)、岩川(M2)が続きます。これら上位層でどこまでタイムを稼げるか、注目です。
中位層から下位層は混戦です。この1年でさらに実力をつけた井上(D2)や、初出場の大内田(M2)、横山(M2)、吉田(M1)には66分台の好記録が期待できます。さらに高宮(M2)、瀧川(M2)、吉原(M2)、三浦(M1) も68分から70分切りの実力を十分に有しています。チーム10番手がどこまでタイムを押し上げるか、これがチーム全体のタイムを縮めるカギとなります。このように上位層から下位層まで抜け目のない強力なメンバーを揃えることができました。

また、この1年は大会や合宿、懇親会などチームで集まる機会を多く設けることで、情報の共有、モチベーションの維持に努めてきました。そのため一人一人が常に予選会という目標を意識して練習を継続することができました。実力だけでなくチームワークの強さも院生歴代1位だと考えています。

例年とは一味違う東大院生チームの走りに、ぜひご注目ください。院生新記録、そして立川コースレコードを目指して全力を尽くします。どうか熱いご声援をよろしくお願いいたします。

院生長距離チーフ 岩川

2件のコメント